2020/12/31

INDEX

(随時更新中)

当ブログにて公開中のレビュー、および1998年12月からスタートした『とみぃの宮殿』に掲載された記事を当ブログにて再公開したレビューのインデックスページになります。現時点で2000近いエントリーがあるため、こちらは時間をかけながら、ゆっくりと完成させていく予定です。

【0〜9】 【A】 【B】 【C】 【D】 【E】 【F】 【G】 【H】 【I】 【J】 【K】 【L】 【M】 【N】 【O】 【P】 【Q】 【R】 【S】 【T】 【U】 【V】 【W】 【X】 【Y】 【Z】

続きを読む... "INDEX"

投稿: 2020 12 31 12:00 午前 [「記事一覧」] | 固定リンク

2017/01/31

2017年1月のお仕事

あけましておめでとうございます。
2016年はこのサイトを楽しんでいただき、本当にありがとうございました。
2017年も昨年末から引き続き、バンバン更新していきます。また仕事のほうでも新しいことにバンバン挑戦していきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

2017年1月に公開されたお仕事の、ほんの一例です。随時更新していきます。
(※1月19日更新)


[WEB] 1月19日、「リアルサウンド」にてLittle Glee Monsterのライブ評「Little Glee Monster、“最初の夢”武道館公演を達成 360度ステージで響かせたハーモニーの強靭さ」が公開されました。

[WEB] 1月19日、「楽天ブックス」での連載「乃木坂46公認コラム『のぼり坂』」にて「『生田絵梨花、北野日奈子、斎藤ちはる、中元日芽香、堀未央奈 乃木神社成人式』レポート」が公開されました。

[WEB] 1月11日、「激ロッック」にてONE OK ROCK TakaインタビューONE OK ROCKニューアルバム『Ambitions』ディスクレビューが公開されました。

[WEB] 1月10日、「リアルサウンド」にてONE OK ROCKの新作分析コラム「ONE OK ROCK『Ambitions』は衝撃的な挑戦作だ! 国内外シーンに与える影響を読む」が公開されました。

[紙] 1月10日配布開始のフリーマガジン「激ロックマガジン」2017年1月号にて、ONE OK ROCK Takaインタビュー、10-FEETインタビューを担当・執筆しました。

[WEB] 1月8日、「リアルサウンド」にてBAND-MAIDのインタビュー「BAND-MAIDが、充実の2016年を経て見出したバンドの芯「今までとは違った“強さ”も見せたい」」が公開されました。

[紙] 1月5日発売「日経エンタテインメント!」2017年2月号にて、乃木坂46北野日奈子・新内眞衣・鈴木絢音の座談会、および2期生研究記事を担当・執筆しました。(Amazon

投稿: 2017 01 31 12:00 午後 [「仕事紹介」] | 固定リンク

2017/01/20

GUNS N' ROSES『USE YOUR ILLUSION II』(1991)

アクセル・ローズ(Vo)、スラッシュ(G)、ダフ・マッケイガン(B)を含む編成でのGUNS N' ROSES来日公演が明日1月21日からスタートということで、昨日から『USE YOUR ILLUSION I』および『USE YOUR ILLUSION II』の全曲解説を行っております。今日は『USE YOUR ILLUSION II』のほうを紹介していきます。

青&紫を基調としたジャケットの『USE YOUR ILLUSION II』は、デビュー作『APPETITE FOR DESTRUCTION』(1987年)に続く全米1位獲得作品。現在までにアメリカだけで600万枚近いセールスを記録しています。

M-1. Civil War
アルバム発売前年の1990年、コンピレーションアルバム『NOBODY'S CHILD: ROMANIAN ANGEL APPEAL』に初収録された8分近いヘヴィな大作。制作時期的にこの曲のみ、前年ドラマーのスティーヴン・アドラーが叩いています。スラッシュのアルペジオとアクセルの口笛から始まるこの曲は、のちの『USE YOUR ILLUSION』での変化を告げる予告編的楽曲で、ディジー・リード(Key)が初参加したナンバーでもあります。すべてはここから始まったんですね。なお、この曲は日本や一部の国でシングルカットされました。

M-2. 14 Years
『〜ILLUSION I』収録の「Dust N' Bones」に続く、イジー・ストラドリン(G)がボーカルを務めるレゲエ調ミディアムチューン。この軽やかなノリはHANOI ROCKSあたりにも通ずるものあり。イジー脱退後はライブで披露されることはありませんでしたが、たまにイジーがゲスト参加した際には演奏されたりもします。

M-3. Yesterdays
アーシーなノリを持つミディアムナンバー。アメリカでは「November Rain」に続く、『〜ILLUSION』から最後のシングルカットとなり最高72位を記録しました。特筆すべき点はないんですが、まぁアクセルのボーカルがすべてかなと。

M-4. Knockin' On Heaven's Door
デビュー時からライブでたびたび演奏されてきたボブ・ディランの名曲カバー。80年代はもうちょっとアップテンポでストレートなアレンジでしたが、新たにレコーディングするに伴いゴスペルテイストのアレンジが加えられています。ライブでは長めのコール&レスポンスが入り、演奏が10分近くに及ぶことも。この曲が始まると、ライブもそろそろエンディングかなと気づかされるという、終盤に欠かせない1曲。ライブではスラッシュがギブソンのダブルネックギターを弾くことでもおなじみです。

続きを読む... "GUNS N' ROSES『USE YOUR ILLUSION II』(1991)"

投稿: 2017 01 20 12:00 午前 [1991年の作品, Guns N' Roses] | 固定リンク

2017/01/19

GUNS N' ROSES『USE YOUR ILLUSION I』(1991)

いよいよ開催まで数日に迫ったアクセル・ローズ(Vo)、スラッシュ(G)、ダフ・マッケイガン(B)を含む編成でのGUNS N' ROSES来日公演。彼らについては本サイトの過去記事(カテゴリー「GUNS N' ROSES」をクリックしてもらえれば、とみ宮時代のものからすべて読むことができます)を参考にしてもらって……と思ったら、まだ取り上げてないアルバムがあることに気づきました。

そう、1991年のアルバム『USE YOUR ILLUSION』です。

1stアルバム『APPETITE FOR DESTRUCION』はもちろん大事だけど、今回の来日公演を観る上で同じくらい重要なのが、2枚同時リリースで当時大きな話題となったこの『USE YOUR ILLUSION』だと思っています。なので、今日と明日の2日間にわたってこの『USE YOUR ILLUSION I』および『USE YOUR ILLUSION II』を全曲解説という形で徹底的に紹介したいと思います。

まずは黄色と赤のコントラストが非常に印象的な『USE YOUR ILLUSION I』からです。本作は全米2位(1位は『USE YOUR ILLUSION II』でした)でチャート初登場し、現在までにアメリカだけで600万枚近いセールスを記録しています。

M-1. Right Next Door To Hell
アルバムのオープニングにぴったりな、疾走感あふれるファストチューン。リリース前に行われたツアーではオープニングで披露される機会も多かったこの曲、アルバム発表後はほとんど演奏されてないんじゃないでしょうか。ギターソロに入る前の、アクセルの「Fuck You!」のスクリームが本当にカッコいい1曲。ぜひ一度、生で聴きたい。

M-2. Dust N' Bones
日本にも同名バンドがいましたが、間違いなくここから取られたと思われ。イジー・ストラドリン(G)がリードボーカルを担当する、今や演奏される機会のないクールなロックナンバー。イジーがメインとはいえ、アクセルとのツインボーカル的な作風で、なんだかんだでアクセル目立ってます。アルバムとして聴くと1曲目からの落差が激しいですが、これはアクセルによると「できてる曲を全部詰め込んだから、曲順とか考えてねえ!」から。そういう意味では『USE YOUR ILLUSION』の2枚ってアルバムとしての完成度はそれほど高くないんですよね。

M-3. Live And Let Die
ポール・マッカートニーのWINGSが70年代に発表した、映画『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌カバー。比較的原曲どおりのアレンジで、ちゃんとオーケストラサウンドも取り入れてるのに、微妙にギターで再現してるパートもあったりで、原曲を知る人なら思わず意表をつかれるんじゃないでしょうか。リリース後は毎回必ずといっていいほどライブで演奏される1曲。アルバムからの3rdシングルとして発表され、全米33位を記録しました。

続きを読む... "GUNS N' ROSES『USE YOUR ILLUSION I』(1991)"

投稿: 2017 01 19 12:00 午前 [1991年の作品, Guns N' Roses] | 固定リンク

2017/01/18

LYNCH MOB『WICKED SENSATION』(1990)

1989年のDOKKEN解散後、ジョージ・リンチ(G)とミック・ブラウン(Dr)は新たにLYNCH MOBと命名したバンドを始動。DOKKENって名前がいかにも「ドン・ドッケンのワンマンバンド」的に見えてしまうのが嫌だったんでしょうかね、今度はジョージが自身の名前をバンド名に入れてるわけですから(苦笑)。

オニー・ローガン(Vo)、アンソニー・エスポジート(B)という若きアーティストを迎え制作されたのが、1990年秋に発表されたデビューアルバム『WICKED SENSATION』。プロデューサーには“ギターサウンドならおまかせ”なマックス・ノーマンを迎え、DOKKENのラスト作『BACK FOR THE ATTACK』(1987年)を推し進めたギターオリエンテッドなアルバムを完成させます。

興味深いのは、常にDOKKENをまとっていたヨーロピアンな湿り気のある作風がばっさりと消えたこと。あれこそ、ドン・ドッケンの持ち味だったことは、彼が中心となり結成されたDON DOKKENのアルバム『UP FROM THE ASHES』で証明済みです。となると、豪快なアメリカンハードロックはジョージの持ち味ということになるわけですが、今作を聴くと単なるアメリカンハードロックでは終わっていない。実はこれ、ミック・ブラウンの功績が大きいと思うんですよね。

また、オニー・ローガンがドン・ドッケンとは異なるタイプのシンガーだったことも良い方向に作用した気がします。この時点ではド新人で、すべてを器用に歌いこなしていたわけではないですが、ドンみたいにのっぺりしたボーカルには出せない味が随所に感じられ、適度に土臭さを持ったこのハードロックサウンドには合っている。一番DOKKEN寄りかなと感じる「Hell Child」のような曲にも、サイケデリックな新境地ナンバー「She's Evil But She's Mine」にも適応できているんだから、デビュー作にしては及第点だと思います。あと、アルバムラストの「Street Fighting Man」は、DOKKEN『BACK FOR THE ATTACK』のインスト曲「Mr. Scary」をバージョンアップさせた歌モノ。こういうところからも、LYNCH MOBが『BACK FOR THE ATTACK』が地続きであることが伺えます。

それにしてもこのアルバム、全12曲で57分と意外に長いんですよね。そういえば……『BACK FOR THE ATTACK』が13曲で63分だったことを考えると、曲を長くしていた要因はジョージのギターソロだったんじゃないか、そう思えなくもないなと。これ、もうちょっとコンパクトに、せめて50分くらいで収まったら完璧なアルバムなんですけどね。そう考えると、やっぱり10曲で勝負するのがベストなのかなぁ。

ちなみに、同時期に発売されたDON DOKKEN『UP FROM THE ASHES』とLYNCH MOB『WICKED SENSATION』。チャート的には前者が全米50位、後者が31位とジョージ・リンチの勝利。これでどっちの作品が優れていると判断するのは危険ですが、少なくとも1990年当時のアメリカに求められていた音はLYNCH MOBのほうってことなのかもしれないですね。



▼LYNCH MOB『WICKED SENSATION』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 18 12:00 午前 [1990年の作品, Dokken, Lynch Mob] | 固定リンク

2017/01/17

DON DOKKEN『UP FROM THE ASHES』(1990)

1989年にバンドの解散を発表したDOKKEN。最初の時点ではドン・ドッケン(Vo)と、ジョージ・リンチ(G)、ミック・ブラウン(Dr)、ジェフ・ピルソン(B)1対3に分かれ、そこからも当時のバンドの状況がなんとなく伺い知ることができました(のちにジェフが離脱し、ドン、ジョージ&ミック、ジェフの3分割することとなります)。

ドンは新たにバンドを結成しようと旧友ピーター・バルテス(B / 当時ACCEPTが解散したばかり)や、ミッキー・ディー(Dr / 元KING DIAMOND、のちにMOTORHEADに加入)、ジョン・ノーラム(G / EUROPE脱退後、ソロで活動していた)、ビリー・ホワイト(G / 元WATCHTOWER。現在は音楽業界を引退)という面々に声をかけ、アルバムを制作。その編成でDOKKENを名乗ろうとしますが、元メンバーの3人から訴訟を受け、結果DON DOKKENというバンド名なのかソロ名義なのか微妙な名前で活動することになります。

さて。いざ完成したアルバム『UP FROM THE ASHES』は1990年10月にリリース。奇しくもジョージ&ミックの新バンド、LYNCH MOBのデビュー作『WICKED SENSATION』とほぼ同時期に発売され、否が応でも比較されることとなってしまいます。

「ツインギター編成となったDOKKEN」「ギターがうるさくないDOKKEN」と表現できるDON DOKKENのサウンド。もっと言えば、DOKKENの3rdアルバム『UNDER LOCK AND KEY』(1985年)で目指した路線をさらにブラッシュアップし、より聴きやすくした楽曲を楽しむことができるわけです。“あの”DOKKENが好きだった人なら両手を上げて喜ぶ内容ではないでしょうか。また「ギターがうるさくないDOKKEN」とは言いながらも、ジョン&ビリーのギターソロは存在感の強いもので、随所にツインリードが取り入れられているのも好印象。こういった湿り気の強い泣きメロにピッタリなんですよね、ツインリードって。

曲作りにはビリー・ホワイトやジョン・ノーラム、アルバムのプロデューサーであるウィン・デイヴィス、職業作家のマーク・スピロといった面々も参加しており、中にはドンとグレン・ヒューズの共作「When Love Finds A Fool」といった泣きのバラードや、DOKKEN時代のアウトテイクと思われるドン&ミック・ブラウン作の「Stay」といった楽曲も収められています。「これぞDOKKEN」なミディアムテンポのマイナーチューンが中心ながらも、「Crash 'N Burn」や「Living A Lie」「The Hunger」のようなファストチューン、『BACK FOR THE ATTACK』(1987年)にはなかったスローバラードも含まれている。そういう意味でも、本来DOKKENが目指すべきだった形の究極系と言えなくもない内容です。『BACK FOR THE ATTACK』に続く作品と考えてしまうと若干の物足りなさを感じるかもしれませんが、ドン・ドッケンというボーカリストを軸に考えれば「これが本来の姿」と納得できるはずです。

残念ながらDON DOKKENとしてのアルバムはこれ1枚しか制作されず、メンバーは1人、また1人とバンドを離れていきます。そして時代は湾岸戦争に突入し、ロックバンドの大掛かりなワールドツアーが難しい状況に。さらにアメリカ国内ではHR/HMに替わりグランジが支持され始め、DON DOKKENは自然消滅してしまいます。そこから数年後、ドン、ジョージ、ミック、ジェフの4人が再集結し、DOKKENが再結成されるのですから、皮肉な話ですよね。



▼DON DOKKEN『UP FROM THE ASHES』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 17 12:00 午前 [1990年の作品, Dokken, Don Dokken] | 固定リンク

2017/01/16

DOKKEN『BACK FOR THE ATTACK』(1987)

1987年末にリリースされた、DOKKEN通算4枚目のアルバムにして、最初の解散前ラストのオリジナルアルバム。編成はドン・ドッケン(Vo)、ジョージ・リンチ(G)、ジェフ・ピルソン(B)、ミック・ブラウン(Dr)という黄金期の4人。昨年の『LOUD PARK』もこの4人でリユニオンショーが行われたので、覚えている方も多いかと思います。

1985年に発表された前作『UNDER LOCK AND KEY』が好成績を収め、内容的にもメロディアスかつ適度にハードという独自の路線をようやく確立させた彼ら。ちょうど1986年、BON JOVIの大ブレイクにより訪れたHR/HM一大ブームにより、DOKKENもついに日の目をみるか!?と期待される中、リリースされたのは『UNDER LOCK AND KEY』の延長線上にある内容ではなく、よりギターを前面に押し出したヘヴィな作品でした。

アルバム発売前の1987年初頭には、本作にも収録された「Dream Warriors」を映画『エルム街の悪夢3 惨劇の館』の主題歌に提供。ギターがヘヴィになっているものの、路線的には『UNDER LOCK AND KEY』の延長線上にある泣きメロHMで好意的に受け入れられた記憶があります。しかし、アルバム発売直前のリードトラックとして発表された「Burning Like A Flame」、これがいけなかった。2ndアルバム『TOOTH AND NAIL』(1984年)収録の「Just Got Lucky」をより陽気にしたような、脳天気なハードロックで、多くのファンが「うん、これじゃない」と思ったはずなんです。事実、僕も「思ってたのと違うなぁ……」と苦笑いしましたし。

そんな不安を抱えたまま発売を迎えたアルバム。オープニングの「Kiss Of Death」のギターリフにまずノックアウトされるわけです。「これぞジョージ・リンチのカミソリリフ!」と言わんばかりの激しいギターワークが楽しめる名曲なのですが、1曲目としての刺激が強すぎた。アルバムはその後も『UNDER LOCK AND KEY』で聴けた路線をよりヘヴィにして、ボーカルよりもギターが目立つような曲ばかりが続く。あげく、ドン・ドッケンの歌すら入らないインスト「Mr. Scary」まで登場するんですから、そりゃ呆気に取られますよ。

バンドはその後、1989年に解散を発表するわけですが、『UNDER LOCK AND KEY』という作品の成功を受けてドンとジョージのエゴがより肥大し、スタジオでバチバチやりあった結果、このいびつなパワーバランスの作品が完成した。そのままツアーに突入するも、ある日その緊張の糸が切れ、バンドは終焉を迎えた……ということなんでしょうね。解散後、ドンがDON DOKKENというバンドで“『UNDER LOCK AND KEY』の続き”みたいなアルバム『UP FROM THE ASHES』(1990年)を、ジョージとミックがLYNCH MOBを結成して『BACK FOR THE ATTACK』の延長線上にある『WICKED SENSATION』(1990年)を制作したことでも理解できると思います。

とはいえ、この『BACK FOR THE ATTACK』というアルバム。その緊張感がときに心地よく、ボーカルはボーカルで最善を尽くし、ギターはやりたい放題といういびつさがまた良かったりするんですよね。確かに「Burning Like A Flame」は蛇足感が強いけど、先の「Kiss Of Death」や「Heaven Sent」「So Many Tears」「Sleepless Night」のような曲は(もちろん「Dream Warriors」も)このタイミングじゃなければ成しえなかった完成度だと思いますし。

ただ、難点を挙げるならば、全13曲で63分というCDを意識した長さと、5弦ベースを使った低音を(当時の録音技術では)うまく表現しきれてないこと。前者は当時の流行りでもあり、同年にリリースされたDEF LEPPARD『HYSTERIA』、翌1988年発売のMETALLICA『…AND JUSTICE FOR ALL』、QUEENSRYCHE『OPERATION: MINDCRIME』がすべて60分超えということ。ちなみに全バンド、同じマネジメント所属ということから、CDが普及し始めたタイミングならではの方針だったんでしょうね。で、後者に関してはMETALLICA『…AND JUSTICE FOR ALL』にも言えることで、できることならリマスタリングならぬリミックスバージョンをいずれリリースしていただきたいなと。このギターの洪水を5弦ベースの低音で支えたら、さらにカッコ良くなると思うんですよね。

昨年来日したオリジナルラインナップでのDOKKENは、公演によっては「Kiss Of Death」からライブを始めています。某動画サイトに転がっていた映像で確認しましたが……もはや今のドンにはDOKKENの曲を、あの頃のように歌うことはできないことが嫌というほど伝わってきました。もうオリジナルDOKKENの復活はこれっぽっちも望んでいません。だから、せめてこの頃の栄光にドロを塗るような真似だけは止めていただきたいなと……ホント、頼みます。



▼DOKKEN『BACK FOR THE ATTACK』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 16 12:00 午前 [1987年の作品, Dokken] | 固定リンク

2017/01/15

L.A.GUNS『HOLLYWOOD FOREVER』(2012)

昨日の続きで、現在のL.A.GUNSについてもちゃんと書いておこうと思います。

今回紹介するのは、2012年にリリースされた現時点での最新アルバム。通算10枚目のオリジナルアルバムとなるようで、本作の制作メンバーはフィリップ・ルイス(Vo)、スティーヴ・ライリー(Dr)の初期メンバーに加え、ステイシー・ブレイズ(G / 元ROXX GANG、最近はボビー・ブロッツァー主導RATTのツアーにも参加しているようです)、スコット・グリフィン(B, Key / 現在はボビー・ブロッツァー主導のRATTに参加)の4人。90年代後半からL.A.GUNSはシングルギター編成なんですよね(ライブではもう1人ギターが入っているようですが)。

さて、この『HOLLYWOOD FOREVER』。オープニングのタイトルトラックは疾走感がありつつも、若干落ち着いた印象もあり、さすがの彼らも年齢には逆らえないか……と期待度を下げられますが(いや、曲自体は悪くないです)、続く2曲目「You Better Not Love Me」の哀愁漂うマイナーメロディがツボに入りまくり。以降も派手さはないものの、メロディでグイグイ引っ張るタイプの楽曲が並びます。「Vine St. Shimmy」のような1stアルバム『L.A.GUNS』(1988年)、2ndアルバム『COCKED & LOADED』(1989年)に入ってそうな路線もありつつ、全体的には3rdアルバム『HOLLYWOOD VAMPIRES』(1991年)以降の流れにあるダーク路線だと思います。

ブルージーなバラードかと思いきや正統派パワーソング「Dirty Black Night」、ブルージーなスローソングかと思ったらまんまだった「Underneath The Sun」など地味だけどじわじわくる曲が大半で、初期の作品が好きな方には物足りなさを覚えるかもしれません。しかし、昔は歌メロがイマイチだったフィルのボーカルも安定しており、現在の曲調にフィットしている。むしろ、初期の激しく張り上げる歌い方はトレイシーに強要されてたんじゃないか、と思ってしまうほど。肩の力が抜けたロックンロール「Queenie」「I Won't Play」くらいの張り上げ方が、今のフィルには心地よいのかもしれませんね(それを年老いた、と言うのかもしれませんが……)。

80年代に青春時代を謳歌した人にとっては、これは「俺たち、私たちの知ってるL.A.GUNS」じゃないのかもしれない。でも、L.A.GUNSには俺たち、私たちが知らない間もずっと活動していたわけで、むしろそっちの時間のほうが長いのです。そういう意味では、この『HOLLYWOOD FOREVER』で鳴らされている音のほうが「真のL.A.GUNS」なんでしょうね。偏見なく楽しめる人に、ぜひ気楽に接してほしい1枚です。

ちなみに、このアルバム後のL.A.GUNSについて補足を。昨年、フィルとトレイシーが14年ぶりに一緒にステージに立ち、この2人を中心にL.A.GUNS名義でアルバムを制作することも発表されましたが、昨年末にフィルがバンドを脱退。しかしこれが、スティーヴ・ライリーを含む編成からの脱退であることが明かされ、フィルは現在もトレイシーと一緒に活動していることが発表されています。なんだかなぁ(苦笑)。



▼L.A.GUNS『HOLLYWOOD FOREVER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 15 12:00 午前 [2012年の作品, L.A.Guns] | 固定リンク

2017/01/14

L.A.GUNS『L.A.GUNS』(1988)

L.A.GUNSって名前を最初に聞いたとき、「GUNS N' ROSESのパチもん」だと思ったのはここだけの話。いや、同じような人、絶対にいると思うんですよ。そんな彼らが1988年(……)初頭にリリースした1stアルバムが本作。確か最初のMVが「Sex Action」だったので、そのタイトルに「マジかよ!」と突っ込んだの、昨日のことのように覚えてます。

もともとは初期GUNS N' ROSESにアクセル・ローズらとともに在籍したトレイシー・ガンズ(G)がバンド脱退後に結成したのがこのL.A.GUNS。メンバーは他に元GIRL(現DEF LEPPARDのフィル・コリンも所属していたイギリスのグラムメタルバンド)のフィリップ・ルイス(Vo)、メジャーデビュー前のFASTER PUSSYCATに在籍したケリー・ニケルス(B)、W.A.S.Pの元メンバーだったスティーヴ・ライリーなど、その筋で知られる面々が参加していました。そこに元GN'Rのメンバーがいる、しかもバンド名に「GUNS」が入ってるとなると、そりゃ騒がれるわけですよね。

デビューアルバムで聴けるサウンドはGN'Rのデビュー作『APPETITE FOR DESTRUCTION』のそれとは若干異なり、土臭さが薄くグラマラスさが強めに打ち出されたもの。1曲1曲が3分前後のものばかりというのも特徴で、ボーカリストやギタリストの主張の強さよりもバンド一丸となってぶつかってくるようなイメージが強いかな。トレイシー・ガンズやミック・クリプス(G)のギタープレイには、(比較対象として挙げてしまうのは気が引けるけど)GN'Rのスラッシュほどの強い個性は感じられないし。

また、楽曲面での強みや確たる個性というのは本作ではあまり感じられず、なんとなく勢いで乗り切っちゃいましたという印象が強いのも事実。「No Mercy」「Sex Action」「One More Reason」といった冒頭3曲の印象はかなり強いものの、中盤のアコギインスト「Cry No More」から続く唯一のバラード「One Way Ticket」、GIRLのカバー「Hollywood Tease」以外はインパクトが薄い気がします。

結局L.A.GUNSは続く2ndアルバム『COCKED & LOADED』(1989年)で“らしさ”を掴み(このアルバムが最大のヒット作となります)、大きなヒットにはならなかったけど3rdアルバム『HOLLYWOOD VAMPIRES』(1991年)でその個性を完全に確立させることに成功します。しかし、デビュー時から続いた全盛期メンバー(トレイシー、フィル、ミック、ケリー、スティーヴ)は同作を最後に終焉を迎え、2000年代に入るとフィル中心のL.A.GUNSとトレイシー中心のL.A.GUNSという「2つのL.A.GUNS」が存在するというややこしい事態に。RATTも最近そういう話がありましたし、ファンとしてはこういうの本当に困りますよね。

いわゆる名盤とは違うかもしれませんが、バンドの勢いという点においては以降の作品とは比較にならないものがあるので、今作は1曲1曲を取り上げるというよりはアルバム全体のノリを楽しむことをオススメします。



▼L.A.GUNS『L.A.GUNS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 14 12:00 午前 [1988年の作品, L.A.Guns] | 固定リンク

2017/01/13

OZZY OSBOURNE『NO REST FOR THE WICKED』(1988)

オジー・オズボーンにとって通算5枚目のオリジナルアルバム『NO REST FOR THE WICKED』は、1988年に発表されました。前任ギタリスト、ジェイク・E・リーの脱退を経て、1987年春にランディ・ローズ時代のライブ音源を収めた『TRIBUTE』を発表。そういったブランク期間に行われたオーディションを経て加入したのが、加入当時20歳だったザック・ワイルド。今ではいかついオッちゃんになっちゃいましたが、当時はポスト・ランディと言わんばかりの美少年だったんですよ(ただし、ルックスのみ)。

そんなザック加入後、初のアルバムには前作から引き続きランディ・カスティロ(Dr)、古くからの付き合いとなるボブ・ディズリー(B)、ジョン・シンクレアー(Key)が参加。レコーディング終了後にはBLACK SABBATH時代の盟友ギーザー・バトラーが加わり、ツアーではサバスの1/2が揃ったことでも話題になりました。

クラシックがルーツのランディ・ローズ、日本人の血を引くジェイク・E・リー(2人の間にはNIGHT RANGERのブラッド・ギルスなどもいましたが、ここでは割愛)に続くギタリスト、ザック・ワイルドは2人とも違ったカラーの持ち主。尊敬するギタリストとしてランディの名を挙げつつも、ブルースやカントリーからの影響も強く、その色合いは作品を重ねるごとに強く表れていきます。

しかし、本作ではまだその独特な個性は完全に発揮されているとは言いがたく、あくまで「オジーが主役のアルバム」の中で、与えられた見せ場の中だけで暴れている印象。とはいえ、そのギターソロやリフワークが尋常じゃないくらいカッコいいんですけどね。オープニング「Miracle Man」冒頭のリフだけで心を持っていかれた本人(私)が言うんですから、間違いない。そこから、あのギターソロ。ああ、すげえ奴が現れたぞ、と。正直、音源だけ聴いてたらオジーの存在を忘れてしまうくらいです(いや、そんなことはないけど)。

やたらとポップで「LAメタル版オジー」と言わんばかりの前作スタジオアルバム『THE ULTIMATE SIN』から一変、そして初期2作とも異なる攻撃性を持った楽曲&サウンドはBLACK SABBATH時代のそれとも異なり、1988年という時代に非常にマッチしたものでした。そういう意味では本作、ザックという若い未成熟な個性、そしてオジーのことを熟知したランディ・カスティロ、ボブ・ディズリーなど熟練メンバーのサポートが融合することで生まれた、奇跡的な1枚なのかもしれません。

頭3曲(「Miracle Man」「Devil's Daughter (Holy War)」「Crazy Babies」)の怒涛の構成、「Bloodbath in Paradise」「Fire in the Sky」の中盤、そして「Tattooed Dancer」「Demon Alcohol」の攻めまくりな後半。とにかく空きのない構成です。だからこそ、CDでボーナストラック的なポジションの「Hero」と「The Liar」は蛇足かなという気も。楽曲自体は悪くないけど、このアルバムの中では置きどころが難しいかなと。そこだけが勿体ないと思ってます。

オジーとザックの蜜月期は、続く1991年の6thアルバム『NO MORE TEARS』でピークを迎えますが、それはまた別の機会に。



▼OZZY OSBOURNE『NO REST FOR THE WICKED』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 13 12:00 午前 [1988年の作品, Ozzy Osbourne] | 固定リンク

2017/01/12

WINGER『WINGER』(1988)

そもそもWINGERってバンド名がズルい。カナ表記すれば「ウインガー」ですよ。「ウイング(=羽)」に「ガー」ですから。メタルばかり聴いてるボンクラ高校生からしたら「ヤベエ奴らが出てきたぞ!」とまず思うわけですよ。そこにきて、あの半裸に近いビジュアル(「Madalaine」や「Seventeen」のMVにて確認)とBON JOVIをやたらとムサくしたようなルックス。RATTっぽさがありつつも、あそこまでとっつきにくくない。そりゃ売れるわけですよ。

というわけで、1988年(またかよ……)という時代の恩恵をもっとも受けたバンド、WINGERのデビュー作です。アリス・クーパーのバンドに在籍したキップ・ウィンガー(Vo, B)とポール・テイラー(Key, G)、のちにDOKKENやWHITESNAKEでも活躍するレブ・ビーチ(G)、そしてDIXIE DREGSなどに在籍したロッド・モーゲンスタイン(Dr)という凄腕4人が繰り出すバンドサウンドはとにかくテクニカルなもので、「Hungry」や「Headed For A Heartbreak」などで聴けるアンサンブルは一瞬「プログレかよ!」と突っ込みたくなるようなもの。かと思えばRATT的な「Seventeen」や「Hangin' On」もあり(とはいえ、前者のバンドアンサンブルも非常にテクニカル)、楽器好きリスナーにも存分にアピールする内容ではないでしょうか。

さっきからやたらと「RATTっぽさ」「RATT的な」と書いてますが、それも納得、プロデューサーがRATTの諸作を手掛けてきたボー・ヒルですから。いわゆる「ボー・ヒル・サウンド」なるものがあるのかと問われると少々疑問ですが、でも彼がプロデュースしたRATTのアルバムやWINGERの本作、そしてWARRANTの2ndアルバム『CHERRY PIE』には少なからず共通点があるのは確か。各バンドともタイプは異なりますが、サウンドの質感やアレンジにその共通点は見つけられるはずです。

そんな「RATTサウンド」ならぬ「ボー・ヒル・サウンド」の恩恵を受け、なおかつ各メンバーの持つ地力や裏方生活で養った作曲&自己プロデュース能力のすべてを費やしたのが、このデビューアルバムだったのではないでしょうか。1988年という時代やプロモーションの力もあったと思いますが、本作は全米21位まで上昇し、100万枚以上のセールスを記録。シングルカットされた「Seventeen」が全米26位、「Headed For A Heartbreak」が全米19位、「Hungry」が全米85位と好成績を残しています。とはいえ、シングルカットされていない「Without The Night」や「State Of Emergency」「Time To Surrender」といった楽曲の完成度も侮れず、結局全曲捨て曲なしと言える1枚です(唯一のカバー曲、ジミヘンの「Purple Haze」は多少蛇足感が否めませんが)。

ということで、やっぱり今口にしてみても、WINGERってバンド名の響きはズルいと思います。



▼WINGER『WINGER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 12 12:00 午前 [1988年の作品, Winger] | 固定リンク

2017/01/11

VINNIE VINCENT INVASION『ALL SYSTEMS GO』(1988)

1987年から1989年くらいまで、TBSにて日曜深夜に放送されていたHR/HM系プログラム『PURE ROCK』。この番組の中ではアメリカのHR/HM系専門FM局「KNAC」でのオンエアチャートが紹介されていて、いわゆるシングルカットやMV制作されていない「アメリカのラジオならではの楽曲」がランクインしているのも特徴でした。

ここで個人的にずっと気になっていたのが、ロバート・プラントばりのハイトーンボーカルが印象的な「Ashes To Ashes」というミドルテンポの楽曲。「VINNIE VINCENT INVASION」というバンド名を目にして「Vが3も入ってるバンド名、カッコいいな」と、ボンクラにも程がある感想しか思い浮かばなかった自分、どうかと思います。だって、あれだけ愛聴してきたKISS『CREATURE OF THE NIGHT』の立役者であるヴィニー・ヴィンセントのバンドだって、最初の時点で気づかなかったんだから。

ヴィニーがKISS脱退後に結成したのが、このバンド。先の「Ashes To Ashes」が収録されているのが、1988年(またかよ)に発表された2ndアルバムにしてラスト作となる『ALL SYSTEMS GO』でした。当時のメンバーはヴィニー(G)のほか、マーク・スローター(Vo)、ダナ・ストラム(B)、ボビー・ロック(Dr)という4人。バンド解散後、マークとダナはご存知、SLAUGHTERとして1990年にデビュー作『STICK IT TO YA』を発表して大ブレイク。ボビーはNELSONに加入して、同じく1990年にデビュー作『AFTER THE RAIN』が大ヒットしています。ヴィニー、踏んだり蹴ったりだな。

さて、アルバムのほうですが……結果論ではありますが、のちのSLAUGHTERにも通ずる重厚なコーラスワークと適度に軽いアメリカンハードロックサウンドを交えつつ、ヴィニーのアグレッシヴなギタープレイとマークの超絶ハイトーンボーカルが終始暴れまくる1枚となっております。ちょっとクラシカルな要素を持つ楽曲は「Ashes To Ashes」や、シングルカットされ映画『エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃』のサントラにも収録された「Love Kills」、ミディアムテンポのバラードタイプ「That Time Of Year」ぐらいでしょうか。

残りはどこかしらに脳天気さが見え隠れする、アメリカナイズされたハードロック。もちろんそれはそれでカッコいいので問題ないですが、本作を聴くと改めてヴィニーって「KISSの人」なんだなと実感させられるわけです。かといって、単なる「KISSの延長」で終わっておらず、ちゃんとKISS時代に見せた以上のことを楽しめるし、何よりマーク・スローターという稀代のシンガーと組んだことによる奇跡を見せてもらえたという意味でも非常に価値のある1枚なんじゃないでしょうか。

KISSファンすべてが楽しめるかと問われると疑問ですし、両手をあげてオススメはしませんが、少なくともSLAUGHTERの諸作品が気に入っているというHR/HMファンには間違いなく楽しめる作品だと思います。SLAUGHTERよりもギターが前面に出ていて、適度に激しさもあるので十分堪能できるはずです。



▼VINNIE VINCENT INVASION『ALL SYSTEMS GO』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 11 12:00 午前 [1988年の作品, Slaughter, Vinnie Vincent Invasion] | 固定リンク